• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      タグ:習近平

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/13(日) 09:07:47.56 ID:hFhnPGUD9
      2019年1月12日 15時38分
      時事通信社

       中国が推進するシルクロード経済圏構想「一帯一路」をめぐり、パキスタンやマレーシアなどの関係諸国でトラブルが噴出している。

       重い債務負担に苦しむ国が相次いでおり、中国からの借り入れを「債務のわな」と警戒する動きが広がる。習近平国家主席の提唱から5年が過ぎ、地球規模の壮大な構想は曲がり角に差し掛かっている。

       ◇中国の在外公館襲撃

       「中国は土地の占領と資源の収奪を目指している」。パキスタン南部カラチにある中国総領事館が2018年11月、武装集団の襲撃を受け、パキスタン人警察官や市民ら4人が死亡。分離独立を唱えるバルチスタン州の過激派「バルチスタン解放軍(BLA)」が犯行声明で、中国を厳しく非難した。

       中国の友好国であるパキスタンは「一帯一路プロジェクトの要衝」(北京の外交筋)と言われる。現在、中国西部とパキスタン南西部グワダル港を結ぶ中パ経済回廊(CPEC)の構築が進むが、襲撃が相次げば事業の遂行に影響が出かねない。

       スリランカでは中国からの借り入れで港湾を整備した結果、返済不能に陥り、中国国有企業に99年間にも及ぶ運営権を譲渡。債務のわなにはまった典型例と言われた。モルディブでは、中国の資金で住宅開発などを進め、対中債務は国内総生産(GDP)の4分の1超に膨らんだとされる。

       ◇地元にメリットなし

       東南アジアでも混迷が拡大。マレーシアでは、中国の銀行融資などで建設する東海岸鉄道線計画をめぐり、「マレーシアに何のメリットもない」(マハティール首相)と見直しの動きが出ている。ただ、一方的に中止すれば中国側に多額の違約金を払う必要があり、対応を検討中だ。

       中国は15年、日本との競争を制し、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道建設を受注。だが、土地収用が順調に進まないことを理由に中国側が資金を出し渋り、今年5月の完成予定が少なくとも2年遅れとなっている。

       http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15866040/

      【【中国の一帯一路に問題噴出】「債務のわな」で関係国悲鳴 一方的に中止すれば多額の賠償金も】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/13(日) 09:13:49.24 ID:gRHq5jTb9
      中国で日本人がスパイ罪に問われ、昨年実刑判決を受けた4件のうち少なくとも3件について、中国の裁判所が判決で、
      日本の政府機関の関与を認定していたことがわかった。複数の日中関係筋が本紙に明らかにした。日本政府は一貫して、
      外国へスパイを送り込んだ事実はないと否定している。

      https://www.yomiuri.co.jp/world/20190113-OYT1T50004.html

      【【中国】「3邦人スパイ、日本政府関与」判決で認定】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な 替刃 ★ 2019/01/08(火) 08:14:39.51 ID:AKiVKbLq9
      韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮の要人用とみられる特別列車が7日午後10時15分、
      中国遼寧省の北朝鮮との国境にある丹東駅を通過し、中国入りした。消息筋の話として
      伝えた。

      https://mainichi.jp/articles/20190108/k00/00m/030/009000c

      【【速報】金正恩氏が電撃訪中か「韓国メディア」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2019/01/07(月) 04:27:11.58 ID:dBKNrpJ49
      2019年1月5日 17時6分
      CNN.co.jp
      (CNN)中国の国営メディアは5日までに、戦闘艦船に電磁誘導により弾丸を高速発射させる「レールガン」を配備する時期が近付いていると報じた。事実なら世界でも最先端級の兵器の保持を意味する。

      国営紙「環球時報」は中国中央テレビ局(CCTV)の報道を引用しながら、中国のレールガンは外国製の模倣ではなく完全な自前の技術に基づくものと誇示した。

      中国などでは最近、実験用のレールガンを積んだとみられる揚陸船の不明の場所での目撃がインターネット上で話題になっていた。ただ、目撃談などの真偽はわかっていない。

      レールガンの弾丸の速度は音速の7.5倍で、射程距離は最長で125マイル(約201キロ)。火薬利用の従来型の砲門よりもコストが安く、命中率も高いといわれる。米海軍技術本部によると、同海軍艦船の標準的な5インチ(約12.7センチ)砲の射程距離である13カイリ(24キロ)よりはるかに遠くへ飛ばすことが可能。

      米太平洋軍(現・インド太平洋軍)の諜報(ちょうほう)部門の責任者を務めたことがある軍事専門家はCNNの取材に応じ、環球時報の報道が正確なら、あと1、2年で運用される可能性があると指摘した。

      注目されるのは中国が外国製兵器の技術などをまねず国産開発に移行しているとみられることだと主張。「兵器開発の面で中国は米国より10~15年遅れていると言ってきたが、今や西側とは互角の水準に近付いている」とも分析した。

      環球時報はレールガンとは別の記事で、中国の兵器企業が大規模爆弾の実験を実施したとも伝えた。米軍が開発し、核兵器以外では最大の威力を有する「大規模爆風爆弾(MOAB)」に似ているとも指摘されている。
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15831792/
      no title

      【【中国軍艦艇】「電磁レールガン」搭載近付く MOABそっくりの大規模爆弾実験も】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な やなぎ ★ 2019/01/04(金) 23:31:46.75 ID:CAP_USER9
      毎日新聞2019年1月4日 22時20分
      https://mainichi.jp/articles/20190104/k00/00m/030/234000c
      習近平主席、軍事闘争準備を指示 米国との対立を念頭に危機感

       中国の習近平国家主席は4日、中央軍事委員会の軍事工作会議で演説し、米国との軍事や貿易面での対立を念頭に「予測困難なリスクが増えている」との危機感を示すとともに「軍事闘争の準備をしっかりと行い、強軍事業の新局面を切り開く」よう指示した。国営中央テレビが伝えた。

       習氏は、世界情勢が転換点を迎えているとし、全軍が危機意識を高めなければならないと強調。偶発的な衝突など有事に備えるよう訴えた。

       4日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、南シナ海や台湾海峡で米軍の行動が活発化すると予想、中国軍による台湾封鎖などの計画を策定すべきだと主張した。(共同)

      【【習近平主席】軍事闘争準備を指示 米国との対立を念頭に危機感】の続きを読む