• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      タグ:核兵器

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/06(水) 08:58:17.45 ID:U2T0GkHB9
      米のINF全廃条約破棄 ロシアが日本をけん制
      2019年2月6日 8時02分 NHK
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190206/k10011805311000.html

      ロシア政府は、ロシアの違反を理由にINF=中距離核ミサイルの全廃条約の破棄を通告したアメリカの対応に日本が理解を示したことについて「今後の対話に影響を与えざるをえない」として、平和条約交渉の進展を望む日本をけん制しました。

      続きはソースで

      【【ロシア】米のINF全廃条約破棄 ロシアが日本を牽制「平和条約交渉に影響与える」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/30(水) 06:58:58.65 ID:ucScbzfO9

      http://www.afpbb.com/articles/-/3208752?act=all

      北朝鮮の核兵器放棄「可能性低い」 米情報長官
      2019年1月30日 5:28 
      発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 北朝鮮 韓国・北朝鮮 ]

      【1月30日 AFP】米国のダン・コーツ(Dan Coats)国家情報長官は29日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が北朝鮮との非核化をめぐる交渉で成果を上げるとしても、北朝鮮がすべての核兵器を放棄する可能性は低いとの見解を示した。

       コーツ氏は議会に出された報告書で「北朝鮮は米国および国際社会から重要な譲歩を引き出すため、部分的な非核化の道の交渉に努めるものの、われわれは引き続き、北朝鮮がすべての核兵器とその生産能力を放棄する可能性は極めて低いと評価する」と述べた。

       さらにコーツ氏は「北朝鮮はとりわけ外交上の取り組みや制裁体制に対する報復、さらに制裁の直接的な回避を通じ、米国が主導し取り組む圧力強化の効果を引き続き弱めようとするだろう」と言明した。


       年次報告書は、米国に対する脅威の評価を米国の全情報機関がまとめたもの。

       報告書によると、北朝鮮指導部は核兵器能力の保持が「体制存続に不可欠」とみなしており、 金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は、北朝鮮が核問題で大幅な譲歩を受け入れずに米国の制裁圧力を和らげることを目指し、中国と韓国に支持を求めているという。

       2回目の米朝首脳会談は2月下旬に開催される見通しだ。(c)AFP

      【【北朝鮮の核兵器放棄】「可能性低い」 ダン・コーツ米情報長官】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/19(土) 05:51:49.60 ID:hrwHPu669
      ◆ レーダー照射・韓国暴挙3要因 浮かび上がった「仮想敵国・日本」

      韓国の駆逐艦が日本の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題がこじれてまくっている。

      日本側は照射されたことを証明するために、受けた側と照射した側のレーダーの周波数のデータを突き合わせようと求めたが、韓国側はこれを拒否。

      日本に謝罪を要求し続ける“暴挙”と思われる対応をしている。

      韓国は、なぜ以前よりもまして高圧的な態度に出ているのか? 

      続きはソースで

      (写真)レーダー照射したとされる韓国の駆逐艦
      no title


      東スポWeb 2019年1月17日 17時0分
      http://news.livedoor.com/article/detail/15886483/

      【【韓国が高圧的態度に出る理由】「北の核さえ手に入れば日本などいくらでも恫喝できる」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/15(火) 08:10:44.40 ID:Cm42UB5I9
      ◆在日米軍「北、核を15個以上保有」…事実上の核保有国認定か論争に

      在日米軍司令部(USFJ)が北朝鮮を核保有宣言国と規定し、核兵器保有量を15発以上だと明らかにした。
      USFJが昨年末に製作した動画(USFJ Mission video)でだ。

      14日に確認された動画によると、USFJは北朝鮮を中国やロシアとともに東アジアの「3つの核保有宣言国(three declared nuclear states)」に分類している。

      北朝鮮を核保有国と認定したわけではないが、米軍当局が北朝鮮の核兵器保有量を直接言及したという点で、米国が事実上、北朝鮮の核保有を認めたのではないかとの憂慮が出ている。

      マイク・ポンペオ米国務長官が今月11日、米FOX(フォックス)ニュースとのインタビューで「米国の究極的な目標は米国国民の安全」と言及したことと同じ脈絡でないかということだ。

      ポンペオ長官のこのような言及の直後、一部では米国が北朝鮮との交渉で、北朝鮮の非核化ではなく核弾頭運搬手段である大陸間弾道ミサイル(ICBM)の無力化と制裁解除を対等交換をしようとする趣旨なのではないかとして論争が起こっている。

      韓国軍関係者は「軍は敵軍の脅威を最大値で想定して備えるのが一般的」としながら「米軍が北朝鮮の核保有を既成事実化したというよりは、その程度の脅威があるため、これに対する備えが必要だという次元ではないだろうか」と説明した。

      それとともに「在韓米軍も数年前に情報誌を通じて北朝鮮の脅威を核保有国に準ずる水準に定義したことがある」とし「北朝鮮を核保有国と認定したわけではないと承知している」と付け加えた。

      しかし、国務省が北朝鮮との非核化交渉を進めている状況で、米軍がこのような立場を示すことで論争が続くものとみられる。

      (写真)在日米軍司令部(USFJ)が製作し、昨年末公開した動画で、北朝鮮が中国やロシアとともに東アジアの「3つの核保有宣言国(three declared nuclear states)」に規定されている。
      no title


      中央日報日本語版 2019年01月15日07時18分
      https://japanese.joins.com/article/121/249121.html?servcode=500&sectcode=500

      【【北朝鮮情勢】在日米軍「北朝鮮、核を15個以上保有」事実上の核保有国認定か論争に】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な チンしたモヤシ ★ 2019/01/01(火) 16:13:21.18 ID:CAP_USER9
      正恩氏、米が制裁維持なら「新しい道」 トランプ氏とはいつでも会うとも
      AFP= 2019年1月1日 11:26 発信地:ソウル/韓国 [ 韓国 米国 北米 韓国・北朝鮮 ]
      http://www.afpbb.com/articles/-/3204726

      韓国ソウルの鉄道駅のテレビに流れた、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュース映像(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る人たち(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る男性(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      韓国ソウルの鉄道駅で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長による新年の辞を伝えるニュースを見る人たち(2019年1月1日撮影)。(c)Jung Yeon-je / AFP
      no title

      北朝鮮で開催された農業に関するイベントに出席した金正恩・朝鮮労働党委員長(中央)。朝鮮中央通信提供(2018年12月29日公開)。(c)AFP PHOTO/KCNA VIA KNS
      no title

      ドナルド・トランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。シンガポールで(2018年6月12日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP
      no title


      【1月1日 AFP】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は1日の新年の辞で、米国が北朝鮮に対する制裁を維持するなら「新しい道を模索せざるを得なくなる」とけん制した。一方で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とはいつでも会う用意があると表明した。

       正恩氏は国営テレビで放送された新年の辞の演説で「米国が全世界の前で約束したことを守らず(中略)わが国に対する制裁や圧力にこだわり続けるのであれば」「わが国の主権と利益を守るために、われわれは新しい道を模索せざるを得なくなるかもしれない」と述べた。

       昨年6月にシンガポールで行った米朝首脳会談にも言及し、トランプ氏と「実りのある話し合い」を行い、建設的な意見を交換したと振り返った。

       その上で「米大統領とは今後いつでも同席する用意があり、国際社会に歓迎されるような成果を出すために全力を尽くす」と表明した。

       一方、首脳会談以後ほぼ停止されている米韓合同軍事演習について、「緊張の元」になっているとして米韓に実施しないよう要求。「外部勢力の戦略兵器を含め、戦争関係の装備は持ち込まれるべきではない」と訴えた。(c)AFP

      関連
      北朝鮮 「2019年、金正恩、新年の辞 (2019? ??? ???)」 KCTV 2019/01/01日本語字幕は追って(再生時間39:15)
      https://youtu.be/e_j6Md0FTIo




      【【核問題】正恩氏、米が制裁維持なら「新しい道」 トランプ氏とはいつでも会うとも 「2019年、金正恩、新年の辞」(動画) 】の続きを読む