• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      タグ:ロボット

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/04(月) 07:27:48.54 ID:bIxagpTU9
      あなたの職業はどこにありますか?

      野村総合研究所が4年前、英オックスフォード大と共同研究した試算によると、2030年ごろ、日本の労働人口の49%が人工知能(AI)やロボットに代替される可能性があるという。601種の職業ごとに、自動化される確率をはじき出した。独立行政法人の労働政策研究・研修機構が「職務構造に関する研究」(12年)で報告している職業を対象にした。

      最も置き換えられやすいのは電車の運転士――。自動化の確率は99・8%だった。決まった時間に決まったルートを運行するため、不測の事態が起きにくいと考えられるためだ。すでに東京臨海部を無人で走る新交通システム「ゆりかもめ」などの実例がある。

      似たような職業として路線バスやタクシーの運転手が上位に入っている。いずれも各地で自動運転の実証実験や導入検討の動きがある。

      ▼続きはソースでご覧ください
      https://www.asahi.com/articles/ASM147S6MM14ULFA027.html

      【【研究】2030年ごろ、日本の労働人口の49%が人工知能やロボットに代替される可能性 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ナナチ ★ 2019/01/02(水) 01:41:02.13 ID:CAP_USER9
      防衛省は、力仕事の負担を軽減する「パワードスーツ」や遠隔操作式の小型偵察機といったロボット技術の研究開発を進める。
      作戦の一部を人からロボットに置き換える「省人化」の一環。
      急速な少子高齢化や人口減少に伴う自衛隊員の不足に対応するのが狙いで、沖縄県・尖閣諸島などの島しょ防衛や大規模災害時の活用を見込む。

      18日に閣議決定された「防衛計画の大綱」では、慢性的な自衛隊員の不足について「喫緊の課題」と明記。
      対処策として、技術革新による装備の省人化、無人化推進が必要だと強調した。
      体に装着するパワードスーツは、手足の関節をモーターで持ち上げるように力を加える仕組み。

      写真:no title


      https://this.kiji.is/451286527073993825

      【【軍事】防衛省「省人化」へロボット活用 パワードスーツや遠隔操作式の小型偵察機など隊員不足に対応(写真あり) 】の続きを読む