• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      タグ:インフルエンザ

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/08(金) 08:59:30.73 ID:A78u/2yb9
      インフルエンザなのに仕事を休ませてもらえない――。記録的な流行が広がるなか、こんな苦情が労働相談の窓口に寄せられている。人手不足などを背景に出勤を強要するケースのほか、有給休暇や子供の看護休暇を取らせない場合もある。専門家は「病気の際の出勤命令はパワーハラスメントで法律違反にもなる。休む権利を知って」と呼びかける。

      「インフルエンザでも出勤しろ、休んだ分は無給だと言われた。法律違反ではないか」。…

      2019/2/7 18:02日本経済新聞
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41026030X00C19A2CC1000/

      【【出勤命令】「インフルエンザでも出勤しろ」「休んだ分は無給」が横行 流行拡大、相談相次ぐ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/23(水) 20:41:00.44 ID:nLwTJ5sw9
      厚生労働省によりますと、昨シーズン、インフルエンザの患者による異常行動は95件確認されています。

      年齢は10歳前後の子どもが中心で、多くのケースが発熱から2日以内に起きています。

      異常行動の内容は、突然走り出すのが最も多くなっていますが、興奮して窓を開けて飛び降りようとしたり、歩き回ったりすることもあるということです。

      多くのケースでタミフルやイナビルなどのインフルエンザの治療薬を服用していましたが、2割近くのケースでは薬を服用していなかったということで、異常行動と薬の服用との因果関係はわかっていません。

      厚生労働省は、発熱から2日間は患者をなるべく1人にさせず、窓の鍵を確実にかけることや、戸建ての住宅の場合はできるだけ1階の部屋で療養させるよう呼びかけています。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788031000.html

      【【熱】インフルエンザ、薬飲んでなくても異常行動 】の続きを読む