• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 海外ニュース

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/03(日) 20:22:31.92 ID:b68Zh3aY9
      問題の論文は、元ロシア軍高官で軍事専門家のアナトリー・ザイツェフ氏が軍事週刊紙「軍事産業クーリエ」(電子版)に寄せた
      「クリール諸島(北方領土と千島列島)への攻撃――考えられるシナリオ」だ。ザイツェフ氏は極東地域に限れば、戦闘機や潜水艦などの空海軍力で日本はロシアを上回り、優位に立つと分析。
      日本は「軍事力による領土奪還」を将来の目的とし、「ウラルまで至る偉大な日本構想」を放棄していないと主張した。

       日本が武力行使で係争地に乗り込むシナリオは荒唐無稽も甚だしいが、これを主要メディアが相次いで報道。大手紙の「イズベスチヤ」(電子版)、
      国営テレビの「ロシア1」や「レグヌム通信」などが報じたものだから、大騒ぎになっている。
      しかも、拡散したのは安倍首相が施政方針演説で明治天皇が日露戦争中に国民を鼓舞するために詠んだ御製を引用して以降だ。
      https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246799

      【安倍首相が日露戦争時に天皇が詠んだポエムを軽率に引用したせいで「日本が攻めてくる」とロシアで大騒ぎに】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/04(月) 06:57:04.05 ID:Y1nKajEL9
      トランプ米大統領は3日、米CBSテレビのインタビューで、かねて意欲を示してきた在韓米軍の撤収について「そうした計画はない。これまで議論したことすらない」と表明した。北朝鮮による核放棄の見返りとしてトランプ氏が規模の縮小や撤収に応じるとの懸念がくすぶっているが、現時点では検討していないとの立場を明確にした。

      続きはソースで

      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40847760U9A200C1000000/

      【【トランプ大統領】在韓米軍の撤収「そうした計画はない」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/01(金) 22:40:21.60 ID:B7xHPKRT9
      2019/02/01
      米 核軍縮INF全廃条約の破棄を発表 ロシアに正式通告 半年後に失効へ(22:39)

      NHK速報

      【【米国】核軍縮INF全廃条約の破棄を発表 ロシアに正式通告 半年後に失効へ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/02(土) 09:18:12.18 ID:s6gxSF6a9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190202/k10011800801000.html

      島根県のかにかご漁業組合に所属する漁船が、日本海でベニズワイガニ漁を行っていたところ、
      ロシアの警備艇に連行されました。乗組員の健康状態は問題ないという情報が入っているということで、
      島根県などが詳しい状況を確認しています。

      島根県などによりますと、島根県かにかご漁業組合に所属する漁船「第68西野丸」が、
      日本海でロシアの警備艇に連行されたと水産庁から連絡が入りました。

      この漁船は島根県出雲市の水産会社「利見水産」が所有しており、会社の社長の利見秀治さん(52)など、
      合わせて10人が乗っているということです。

      ベニズワイガニ漁を行うため、先月26日に鳥取県境港市にある境港を出港しましたが、4日後の30日に
      連絡が取れなくなったということで、島根県などが詳しい状況の確認を進めています。

      利見社長の妻で、会社の役員を務める佐由里さんは2日朝、境港市にある事務所でNHKの取材に応じ、
      「きのう、組合から連絡があり、今のところ乗組員の健康状態に問題はないと聞いています。
      とにかく無事で帰ってきてほしいです」と話しています。

      島根県かにかご漁業組合の古木均事務局長は、NHKの取材に対し、「乗組員の健康状態は問題ないと
      聞いているがどんな環境におかれているのか わからないので心配だ。できるだけ早く帰れるよう
      水産庁や外務省に働きかけたい」と話していました。

      【【島根のかに漁船】日本海でロシア警備艇に連行される】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/02(土) 09:02:49.67 ID:p5tQ1Qn99

      https://www.bbc.com/japanese/47067450

      米高官、北朝鮮がウラン濃縮施設の全廃棄を約束と
      2019年02月1日

      米国務省の北朝鮮担当は先月31日、北朝鮮が現在保有する全てのウラン濃縮施設を廃棄すると、アメリカと韓国に約束したことを明らかにした。カリフォルニア州のスタンフォード大学での講演で述べた。

      国務省のスティーヴン・ビーガン北朝鮮担当特別代表は、北朝鮮は韓国側とマイク・ポンペオ米国務長官それぞれに対し、全てのウラン濃縮施設の廃棄を約束したと話した。

      ビーガン氏は、トランプ政権は北朝鮮非核化の見返りとしての「相応の措置」について議論するつもりだと明かした。しかし、アメリカ側はまず最初に、北朝鮮の核兵器計画について「完全に理解すること」が必要だと述べた。

      一方、トランプ大統領はこの日、大統領執務室で記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談の開催日時と場所について近く発表すると明らかにした。

      両首脳は昨年シンガポールで初対面し、現職の米大統領と北朝鮮の最高指導者による史上初の会談が実現した。
      トランプ大統領は以前、米朝両国は「とてつもない進展」を実現したと評価していた。
      (リンク先に続きあり)

      北朝鮮が保有する全てのウラン濃縮施設の廃棄を約束したと明かしたスティーヴン・ビーガン米国務省北朝鮮担当特別代表(1月31日、米カリフォルニア州)
      no title

      【【北朝鮮核問題】米高官ビーガン氏、北朝鮮がウラン濃縮施設の全廃棄を約束と 】の続きを読む