• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ: 国内ニュース

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/24(木) 07:13:04.39 ID:zGK7E3/G9
      旧陸軍の隊員、199人が訓練中に死亡した「八甲田雪中行軍遭難事件」の教訓を忘れまいと、当時の部隊の経路をたどる陸上自衛隊の訓練が青森市の八甲田山系で始まりました。

      この訓練は、明治35年、八甲田山系で訓練をしていた旧陸軍の隊員199人が死亡した「八甲田雪中行軍遭難事件」の教訓を忘れないようにと、陸上自衛隊第5普通科連隊が毎年行っています。
      旧陸軍の部隊が青森市筒井の兵舎を出発した日から117年にあたる23日は、およそ600人の隊員が青森市小峠の山のふもとを出発しました。
      真っ白な戦闘服に身を包んだ隊員たちは、20キロのリュックサックを背負いながらスキーを履き、8キロの道のりをおよそ5時間かけて行進しました。
      そして、明治35年の遭難事件の際に雪の中から救出された後藤房之助伍長の銅像の前に到着すると、銅像に敬礼して亡くなった人たちの冥福を祈りました。
      陸上自衛隊第5普通科連隊の古賀博彦連隊長は「隊員全員がきょうの訓練をけが無く終えることができて安心している。過酷な環境に対応できるよう訓練を重ねたい」と話していました。
      隊員たちは、このあと、寒さをしのぐための穴を掘って山中で1泊し、24日は10キロの道のりを行進する予定だということです。

      ソースに動画あり
      https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20190123/6080003667.html

      【【毎年恒例】八甲田山で陸上自衛隊が雪中行進訓練  】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/23(水) 08:55:38.28 ID:/5YCQqrT9
      生活用水に使うため池の水を抜かれるなどしたため転居を強いられたとして、大分県内の男性(73)ら家族3人が21日、
      ため池を管理する県中部の土地改良区と、集落の住民2人に対し、計約2900万円の損害賠償を求めて大分地裁に提訴した。

      訴状によると、男性らは2008年、集落に新居を建て大分市内から転居した。
      男性は集落の自治組織での会計担当だった16年に、会計の疑問点を指摘。
      それから、入浴やトイレなどに使うため池への水路からの通水が止められたり、ため池の水を抜かれたりするようになった。

      17年7月以降は、ため池の揚水ポンプを稼働しても水がくめない状態になり、転居を余儀なくされたという。
      家族は集落内で「村八分」の状態となったと主張。22日に会見した男性は「老後のライフプランが崩壊した」と話した。

      被告の土地改良区や住民の代理人弁護士は朝日新聞の取材に「意図的に水を抜いたことはない」と話している。

      http://news.livedoor.com/article/detail/15910258/
      2019年1月22日 19時26分 朝日新聞デジタル

      【【社会】村八分にされ転居、男性が提訴 「ため池の水抜かれた」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/23(水) 11:36:50.24 ID:v7FrYoWe9
      解説 専門記者・藤田直央

       平和条約締結交渉の行方が注目された、安倍晋三首相とプーチン大統領との25回目の日ロ首脳会談。終了後にあった日本時間23日未明の共同記者発表は、まず経済関係の発展をと訴えるプーチン氏のペースだった。安倍首相は、6月末に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議での首脳会談で決着を目指していたが、交渉の先行きには暗雲が漂う。

       「相互に受け入れ可能な解決策を目指す」。モスクワ・クレムリンでの共同記者発表で、北方領土問題の決着が前提となる平和条約締結について両首脳は言葉をそろえた。だが、戦後70年以上も北方領土を実効支配するロシアの優位が、双方の発言に露骨に表れた。

       ホストとして先に発言したプーチン氏は、平和条約締結には「全面的な関係の発展が必要」と強調。その肝として「経済・貿易で日ロ関係は順調に発展しつつある」と述べた上で、「今後数年間で1・5倍、300億ドルの貿易高を目指そうと合意した」と語った。

       一方の安倍首相。最近の文化や…残り:1575文字/全文:1998文字

      2019年1月23日06時54分
      朝日新聞デジタル
      https://www.asahi.com/articles/ASM1R050NM1QUTFK026.html
      no title

      【【日ロ首脳会談】「北方領土」を口にしない安倍首相、ロシアの優位あらわに 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/23(水) 02:30:11.11 ID:PoYwCyy79
      朝日新聞デジタル

       安倍晋三首相は22日、ロシアのプーチン大統領とモスクワで会談した。1956年の日ソ共同宣言で日本に引き渡すと明記した歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島の事実上2島に絞って返還交渉を進める方針で臨んだが、会談後の両首脳による共同記者発表では交渉の具体的な進展は示せなかった。

      続きはソースで

      https://www.asahi.com/sp/articles/ASM1Q3S9TM1QUTFK00B.html?iref=sp_new_news_list_n
      no title




      【【北方領土】2島返還交渉、具体的進展示せず 日ロ首脳が共同発表】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/21(月) 06:56:48.83 ID:3fvTF8Tz9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190121/k10011784831000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

      安倍首相 きょうロシアへ出発 北方領土交渉の前進なるか
      2019年1月21日 4時41分北方領土

      北方領土問題を含む平和条約交渉の前進を目指し、安倍総理大臣はプーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むため21日、ロシアに向けて出発します。ただロシア側は、第2次世界大戦の結果、北方領土がロシアの領土になったと認めるよう求める意見が出るなどしていて、交渉の前進に向けた具体的な成果が得られるかどうかが焦点です。

      安倍総理大臣は21日からロシアを訪問し、22日プーチン大統領との日ロ首脳会談に臨みます。安倍総理大臣とプーチン大統領との首脳会談は、先月アルゼンチンで行われたのに続き、通算25回目となります。

      会談で、安倍総理大臣は、「平和条約を締結したあと歯舞群島と色丹島を引き渡す」とした1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速するとした去年11月のプーチン大統領との合意を踏まえ、北方領土問題を含む平和条約交渉の前進を目指す方針です。

      ただ先週行われた、交渉責任者に指名した河野外務大臣とラブロフ外相による日ロ外相会談では、領土問題をめぐる立場の違いが明確になりました。

      またロシア側からは、第2次世界大戦の結果、北方領土がロシアの領土になったと認めるよう求める意見に加え、日米同盟や、日本が欧米とともにロシアへの制裁を加えていることへの懸念や不満が出るなど、日本側をけん制する姿勢を強めています。

      ただロシア側は交渉を継続する姿勢も示していることから、安倍総理大臣としては、首脳間の信頼関係をテコに、双方の受け入れ可能な合意点を粘り強く探っていく方針で、交渉の前進に向けた具体的な成果が得られるかどうかが焦点です。

      【【日ロ】安倍首相 きょうロシアへ出発 北方領土交渉の前進なるか 21日 】の続きを読む