• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:海外ニュース > ヨーロッパ・アフリカ

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/03/17(日) 09:20:47.73 ID:bGAaJHl99
      https://r.nikkei.com/article/DGXMZO42579150X10C19A3I00000?n_cid=SNSTW001

      シャンゼリゼで略奪、破壊 仏デモ、大統領休暇中止
      2019年3月17日 8:55

      【パリ=共同】フランスで16日行われたマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモで、一部の参加者や便乗した過激派が暴徒化し、パリのシャンゼリゼ大通りに並ぶ複数のブランド店で略奪、老舗カフェなど数々の店舗を破壊した。放火も相次ぎ、18週連続のデモとなった今回、極めて深刻な被害が出た。警察はパリで230人以上を拘束した。

      続きはソースで

      no title

      【【フランス】シャンゼリゼで略奪・破壊 黄色いベスト運動デモ18周目、マクロン大統領休暇中止 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/12(火) 08:16:55.31 ID:WAz2LWXW9
      [12日 ロイター] -

      * 英閣僚ら、メイ首相が辞任を準備中と考えている=英紙サン

      https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPT9N1U0021?__twitter_impression=true

      【【速報】イギリス、メイ首相が辞任を準備中か?英紙サンが報道 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/12(火) 07:13:27.79 ID:nl0GgYQ79
      英、太平洋に空母派遣へ=対中けん制狙う
      2019年02月12日06時41分
      https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021200217&g=int

       【ロンドン時事】ウィリアムソン英国防相は11日、ロンドンで講演し、最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を太平洋に派遣すると発表した。中国の強引な海洋進出をけん制するのが狙い。欧州連合(EU)離脱後をにらんだ世界戦略として、インド太平洋地域でのプレゼンス向上を図る目的もある。

       クイーン・エリザベスは英米軍の最新鋭戦闘機F35を艦載し、地中海や中東周辺海域も航行するという。ウィリアムソン氏は講演で、ロシアと中国を名指しして軍事的台頭に対する警戒感を表明。空母派遣などを通じて「われわれの安全と繁栄の礎となっている、ルールに基づく国際秩序を支えるために行動する」と強調した。

      【【英国】太平洋に空母「クイーン・エリザベス」派遣へ 対中けん制狙う】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/26(土) 10:24:45.76 ID:GU+M2rGc9
      https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-25/PLWH2Q6VDKHS01
      →NYセントラルパークの20倍の森林、包装材メーカーに売却
      →かつてナチスが接収、戦後に返却-分家で2分割し保有していた

      興隆と衰亡、戦争を経験したロスチャイルド家の歴史が、200年を経て終わりを迎える。

       フランクフルトを拠点に活動した銀行家、マイヤー・アムシェル・ロートシルト(英語読みでロスチャイルド)は、19世紀初頭に5人の息子を
      欧州各都市に送った。その1人、ザロモンはウィーンで1815年に事業を開始。ロスチャイルド家は鉄道や製鉄所などへの投資で成功を収め、
      ハプスブルク帝国で最強の銀行家にのし上がった。

       ロスチャイルドの分家は約7000ヘクタール(ニューヨーク、セントラルパークの20倍に相当)に及ぶニーダーエスターライヒ州の森を保有する
      2つの信託を、ウィーンを拠点とする包装材会社プリンツホルン・ホールディングスに売却することで合意したと、匿名の関係者が明らかにした。
      登記の移転はまだだという。

       これは一族のアルベルト・フォン・ロートシルト男爵が1875年に取得した土地の一部。ナチス・ドイツが1938年にオーストリアを併合した際に接収された。
      第2次大戦後に一部が返還され、一族の跡取りであるベッティーナ・ルーラム氏が2012年の死去まで住んでいた。
      死去後に2つの分家が土地を分割したが、いずれも今回、プリンツホルンに売却することにしたという。

      【【ロスチャイルド家】200年の栄華に幕-オーストリア最後の土地手放す】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/20(日) 05:48:39.88 ID:e6Nas0eG9
      仏政府、日産・ルノー経営統合の意向 持ち株会社軸に
      ゴーン退場 自動車・機械 ヨーロッパ
      2019/1/20 2:00日本経済新聞 電子版
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40237720Q9A120C1905M00/

      【パリ=白石透冴】フランス政府の代表団が18日までに、共同持ち株会社方式を軸に仏ルノーと日産自動車を経営統合する意向を日本政府関係者に伝えたことが分かった。ルノーの筆頭株主である仏政府はかねて両社の一体化を求め、日産側は仏側主導の統合構想に反発してきた。日仏連合の要だったカルロス・ゴーン元日産会長の逮捕で両社の対立が表面化しており、新たな連合の経営体制を巡る攻防が激しさを増しそうだ。

      続きはソースで

      【【フランス】「ルノーと日産を経営統合する」日本政府に意向伝える】の続きを読む