• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:ワールドニュース > 宇宙開発

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/27(日) 00:32:16.12 ID:1cyzAI5x9
      (CNN)48年前にアポロ14号で月面に着陸した飛行士が持ち帰った岩石のサンプルが、実際には地球由来のものであったとする研究論文が、このほど科学誌に掲載された。彗星か小惑星が地球に衝突した衝撃で岩石が宇宙空間へと飛ばされ、偶然その先にあった月に激突したという。

      当該の岩石には石英、長石、ジルコンといった鉱物が含まれている。これらは地球なら非常にありふれた鉱物だが、月の地質における含有量はあまり多くない。

      また岩石が形成された温度や環境を分析したところ、月ではなく地球の特徴との関連を示す結果が得られた。岩石の結晶化は地球がまだ若かった40億~41億年前に、地表から約20キロの深さで起こったという。

      当時の地球には小惑星が複数回衝突していたことから、岩石は1度もしくは数度の衝突で地表に露出し、別の衝突によって大気圏外に弾き飛ばされたと考えられる。その後、現在の3分の1の距離にあった月にぶつかったと研究者らはみている。

      月に激突した岩石は一部を溶解させながら月面下にめり込んだが、2600万年前の小惑星の衝突で再び月面に姿を現した。

      今回の研究を主導した月の専門家、デービッド・クリング氏は、地球の岩石が宇宙空間へ飛び出して月に激突したとする分析結果について、地質学者の中には異論を唱える向きもあるだろうと認めつつ、度重なる小惑星の衝突にさらされていた誕生直後の地球の状況を考慮すればそこまで驚くような話ではないとの見解を示した。

      http://news.livedoor.com/article/detail/15929853/
      no title



      【【宇宙】アポロ14号が持ち帰った「月の岩石」は地球産だった・・・小惑星が地球に衝突して宇宙に飛ばされた石が偶然に月面まで到達】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/25(金) 11:14:17.55 ID:HQ+eWBty9
      2019.01.23 Wed posted at 10:56 JST
      https://www.cnn.co.jp/fringe/35131655.html
      no title

      月面での資源採取を目指したプロジェクトが進められている/Getty Images

      (CNN) 欧州宇宙機関(ESA)は23日までに、月面を覆う砂状の堆積(たいせき)物「レゴリス」を採取し、水や酸素の原料として活用する研究プロジェクトに向けて、仏航空宇宙大手アリアングループと1年間の契約を結んだと発表した。

      航空宇宙科学の専門家とフランス、ドイツ、ベルギーの技術者らが共同でプロジェクトを進める。現在進めている研究の段階を経て、数年以内に同グループのロケット「アリアン64」を使い、採掘装置を月に送り込む計画だという。

      レゴリスには酸化鉄などが多く含まれ、人間の滞在に欠かせない酸素や水、さらにはロケット燃料も生成することができる。

      ESAの有人およびロボット探査部門を率いるデービッド・パーカー氏は声明で、「宇宙資源の活用は持続可能な月探査への手掛かりになり得る」と期待を示した。

      【【レゴリス】「月の砂」から資源採取、欧州宇宙機関のプロジェクトが始動 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/21(月) 07:55:42.48 ID:3fvTF8Tz9
      https://jp.sputniknews.com/science/201901205824123/

      ロシアの科学者ら 小惑星の地球への落下を警告
      テック&サイエンス
      2019年01月20日 16:29

      ロシアの研究者らは、今後50年の間に地球近傍小惑星アポフィスが地球と衝突する可能性があり、それが起きる時期は2068年となる確率が最も高いと語った。サンクトペテルブルク国立大学の天体力学部門がこの問題についてのレポートを作成した。
      スプートニク日本

      科学者らの説明では、小惑星アポフィスは2029年4月13日に3万8千キロメートルの距離まで地球に接近し、極めて危険な状況になるという。

      小惑星アポフィスの接近ではその軌道が大きく変更する可能性があり、接近が2051年になる可能性もある。

      2004年に発見された小惑星アポフィスは、サッカー場の3個半のサイズ(約325メートル)で、すぐに米航空宇宙局(NASA)の天文学者の注目を集めた。その軌道の最初の計算では、2029年の接近時にこの小惑星と地球が衝突する可能性が2.7%だったが、その後、専門家らはそうした事態の起きる可能性を排除していた。

      イメージ画像
      no title

      【【地球滅亡の危機】ロシアの科学者らが小惑星の地球への落下を警告 サッカー場の3個半のサイズ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/17(木) 21:46:55.11 ID:zBHAqR/p9
      2019年1月17日 9時50分
      財経新聞

       米航空宇宙局(NASA)は12日、マウスなどのげっ歯類を研究する「RR-8」プロジェクトにおいて、国際宇宙ステーション(ISS)など宇宙空間に年齢差のあるマウスを滞在させ、老化が病気の進行に及ぼす影響を調査すると報告した。オンラインデータベース上のデータを共有することに同意した学術機関や企業、政府機関に、NASAは宇宙飛行中のサンプルを提供するとしている。

      ■希少な微重力化での実験
       今回NASAが公表した研究の目的は、宇宙船内のような微重力の環境下にマウスを据え、その生理学的変化を追跡することだ。この調査により、微重力の環境下に置いたマウスから採取した細胞組織が生体医療研究機関にまず提供されるという。サンプルを受け取る研究者は、米スタンフォード大や米空軍などに所属する。
       宇宙空間で長時間過ごすと、骨粗しょう症や免疫不全、心筋梗塞などの病気が発生するという。生体内で発生する変化は老化現象と類似するものの、そのスピードは地球上よりも速い。そのため、宇宙飛行により、老化の研究が可能になる。

       「宇宙空間で数週間以上過ごすと、何かがあるのだ」と、今回の調査を援助する米国立研究所のマイケル・ロバート氏は語る。ISS内で行なわれるマウスを使った実験で観察できるのは、微重力による影響だけではない。ISS内で老化に影響するのは、放射線やストレスなども含まれる。ロバート氏によると、複合要因により老化するという。

      ■将来は性別の異なるマウスで実験
       実験では、10週間から16週間生きた若いマウスと、30週間から52週間生きた老年のマウスが使用される。異なる期間を宇宙ステーションに滞在させたマウスを観察することで、加速化する老化現象を調べられるという。若いマウスのほうが骨の割合や筋肉の減少に影響する運動を活発的に行なうだろうと、研究者は予測する。
       マウスを使用した実験で、体内にて分子レベルで発生することを調査したいと研究グループは考えている。宇宙空間に観察された老化への影響が、地球上のヒトにも当てはまるか確認するためだ。

       宇宙空間で発生する体内への影響を理解することが、宇宙飛行士の健康の保護や、地球上で老化に関する病気を患った人々を助ける処方の発展につながる。研究グループは将来、系統の異なるマウスや性別の異なるマウスを比較し、その影響の変化を調査する予定だ。

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15884306/

      【【宇宙空間では老化が早くなる?】病気への影響を~( C・>実験で調査「NASA」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2019/01/10(木) 15:27:27.20 ID:dMslpFOv9
      深宇宙から飛来する「反復する」電波、科学者らは当惑
      1/10(木) 11:13配信
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000015-jij_afp-sctch

       【AFP=時事】カナダの天文学者チームが、太陽系がある天の川銀河(銀河系、Milky Way)外部のはるか遠方から複数回にわたり連続的に放射された謎の電波を検出した。英科学誌ネイチャー(Nature)に9日、2件の研究論文が発表された。

       これらの強力な電波が宇宙のどのような領域に由来し、どのようにして生成されたかは、依然として不明だ。
       このいわゆる反復する「高速電波バースト(FRB)」は、新たに建設された、特定の目的を持つ電波望遠鏡を2018年夏に試運転した際に検知された。試運転では、望遠鏡が持つ本来の性能のほんの一部だけを稼働させたという。
       望遠鏡は「CHIME(カナダ水素密度マッピング実験)」として知られる世界で最も高性能の電波望遠鏡で、アンテナの面積はサッカー場ほどある。本格稼働に入った現在、さらに多くの「謎のパルス電波」を検出できる状態にある。
       今回の研究に参加した5か所の研究機関の科学者50人からなる研究チームの一員で、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)博士課程学生のデボラ・グッド(Deborah Good)氏は、「今年の終わりまでに1000個の電波バーストを発見できているかもしれない」と望遠鏡の成果に期待を寄せる。

       FRBのフラッシュはほんの一瞬の現象だが、太陽放射の1万年分に匹敵するエネルギーが放射されることも考えられるという。
       電磁スペクトルの長波長側の電磁波において、このような高エネルギーのうねりを引き起こしているものの正体をめぐっては、今なお激しい議論が続いている。
       FRBは2007年以降に60回以上記録されているが、2012年に米自治領プエルトリコ(Puerto Rico)にあるアレシボ天文台(Arecibo Observatory)で観測された1例でのみ、複数回の再発が確認されていた。

      以下はソース元で

      【【宇宙】深宇宙から飛来する「反復する」電波、科学者らは当惑 英科学誌ネイチャー 】の続きを読む