• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:海外ニュース > アメリカ

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      kartobot-3296433_640

      1:最速ニュース+な しじみ ★ 2018/11/26(月) 14:58:42.52 ID:CAP_USER9
      2017年にAmazonは約50億個ものアイテムを発送したと発表していますが、アメリカでの荷物の発送のほとんどはアメリカ合衆国郵便公社(USPS)が担っています。USPSは電子メールの普及によって郵便物が減少し2000年以降は赤字続きで、国から資金も受けていないためAmazonの配達契約が大きな収益源となっていますが、これによって従業員が過酷な労働を強いられています。

      Confessions of a U.S. Postal Worker: “We deliver Amazon packages until we drop dead.”
      https://medium.com/s/powertrip/confessions-of-a-u-s-postal-worker-we-deliver-amazon-packages-until-we-drop-dead-a6e96f125126

      ジャーナリストのブレンダン・オコナーさんは、アメリカ・ニューイングランド在住のUSPS職員に話を聞いています。この職員によると、2013年にAmazonがUSPSと契約を結んでから、働き方が大きく変わったそうです。職員は時給18ドル(約2000円)足らずで休み無くパートタイマーとして働いていますが、2018年現在において発送しているもののほとんどは郵便物ではなくAmazonの荷物だといいます。

      日常の仕事について、この職員は「朝7時30分にオフィスに到着し、最初の3~4時間は手紙や荷物の整理を行います」と語ります。この時、発送するものに郵便物ももちろん含まれるのですが、75~85%はAmazonの荷物だそうです。その後、山ほどあるAmazonの荷物を届けるべく、道順を確認し、順序通りに運んでいきます。発送にかかる時間は日によりますが4~6時間ほどなので、1日の労働時間は10時間程度となります。

      続きはソースで

      https://gigazine.net/news/20181126-deliver-amazon-packages-confessions/

      【【米国】Amazonはアメリカ郵便公社を私物化している、配達物の約8割がAmazonの荷物だという現状を職員が語る 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      visa-card-3297475_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/11/26(月) 05:39:47.42 ID:CAP_USER9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3195235?cx_part=latest

      キャッシュレス化進む米首都ワシントン、取り残される低所得層
      2018年11月25日 10:00 
      発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

      【11月25日 AFP】夏から秋へと季節が変わり始めた頃、米首都ワシントン市内のバス停に「バス料金のキャッシュレス化、あなたの意見は?」と書かれた紙が張り出された──。

       市内の一部飲食店や売店は、すでにキャッシュでの取引をやめた。国内各地で注目を集め始めているキャッシュレス化の取り組みが、首都でもみられるようになってきたのだ。

       フランスのITコンサルティング会社キャップジェミニ(Capgemini)と仏銀行大手BNPパリバ(BNP Paribas)が10月発表した「2018年世界決済レポート(World Payments Report)」によると、キャッシュレス化の流れはすでに世界中で広まっているという。

       2015~16年のキャッシュレス決済件数は4830億件だった。2021年までは、この数字が毎年13%ずつ大きくなっていく見通しだ。

       米国は、新しい決済手段の導入で後れを取ることが多い。しかし今回、首都ワシントンの小売業者もキャッシュレスの決済に前向きになり始めた。

       ワシントン首都圏交通局(WMATA)は、現金のやり取りが時間の無駄につながるとの考えに基づき、効率性の観点から現在、キャッシュレス決済の導入について検討していることをAFPの取材に明らかにした。

       だが、ジョージタウン大学(Georgetown University)マクドノー・ビジネススクール(McDonough School of Business)のジェームス・エンジェル(James Angel)教授は、鍵となるのは、費用とセキュリティーだと述べる。「(キャッシュでのやり取りは)交通機関にとっては高くつく。数えなければならないし、紛失の心配もある。従業員の身の安全の確保もしなければならない」

      ■キャッシュレス化で取り残される人々

      続きはソースで 

      【【米国】キャッシュレス化進む米首都ワシントン、取り残される低所得層】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      smartphone-407108_640

      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/11/23(金) 14:01:22.32 ID:CAP_USER9
      2018/11/23 12:12

      【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは22日、米政府が日本を含む同盟国に対し、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を使わないように求める説得工作を始めたと報じた。

       中国政府の影響下にある同社の製品が、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムなど、
      同盟国の重要インフラで普及した場合、不正な通信傍受や意図的な遮断など安全保障上の脅威にさらされかねないとの米側の懸念が背景にある。

       説得工作の対象には華為製品が既に広く使われている日本やドイツ、イタリアが含まれ、米政府当局者は各国の政府だけでなく通信関係企業幹部にも説明した。
      https://this.kiji.is/438535758922220641

      【【米国】日本などの同盟国にHuawei製品の不使用を要求】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な 動物園 ★ 2018/11/21(水) 11:36:57.49 ID:CAP_USER9
      11/21(水) 7:23配信
      読売新聞

      view-source:no title


       日本の人気ゲームの米ハリウッド映画化が今年、相次いで決まった。米国で進む映画館離れを背景に、固定ファンの多いゲームに目を付けたハリウッド側からのラブコールが、ゲーム業界に舞い込んでいる。

       「キャプテン・ナタリー・アルテミス。レンジャーでモンスターハンターよ」

       10月下旬、米国で活躍する女優のミラ・ジョボビッチさん(42)が画像共有サービス「インスタグラム」に書き込んだコメントがファンの間で話題になった。撮影中のハリウッド映画で演じる自身の役について言及した。映画の原作は、カプコンの人気ゲーム「モンスターハンター」だ。

       今年は、ほかにも任天堂の「スーパーマリオ」、ポケモンの「ピカチュウ」、セガホールディングスの「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、カプコンの「ロックマン」など有名ゲームシリーズの<ハリウッド進出>が発表された。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00050085-yom-ent

      【【クールジャパン】日本の人気ゲーム ハリウッドで相次ぎ映画化へ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/11/07(水) 14:13:16.79 ID:CAP_USER9
      NHK 開票速報
      https://www3.nhk.or.jp/news/special/us_election_2018/
      ヤフー NHK 開票速報
      https://news.yahoo.co.jp/story/1119
      CNN
      https://www.youtube.com/watch?v=J_werBPnr5Q


      abc
      https://abcnews.go.com

      ■米中間選挙の仕組み
      no title


      ■米中間選挙 下院は民主過半数確実 上院は共和多数派維持へ

      アメリカ議会の中間選挙について、アメリカの複数のメディアは野党・民主党が下院で過半数の議席を獲得することが確実となり、多数派を奪還する見通しになったと伝えました。上院はトランプ大統領の与党・共和党が多数派を維持する見通しで、これにより今後、2年間は、上院と下院で多数派が異なる「ねじれ」の状態が続き、トランプ大統領は難しい政権運営を迫られそうです。

      アメリカ議会の中間選挙は上院100議席のうち35議席と、下院の435議席すべてが改選され、日本時間の午前8時から開票が進んでいます。

      このうち議会下院について、アメリカのNBCテレビとFOXテレビは、事前の情勢取材や出口調査の結果などをもとに野党・民主党が下院で過半数の議席を獲得することが確実となり、多数派を奪還する見通しになったと伝えました。

      AP通信はこれまでのところ、共和党の候補者127人と民主党の候補者112人の当選が確実になったと伝えています。

      一方、議会上院では、アメリカABCテレビは合わせて23人が当選を確実にし、改選されない議席も合わせて共和党が50議席、民主党が38議席を獲得することが確実となり、共和党が多数派を維持する見通しになったと伝えました。

      続きはソースで

      2018年11月7日 12時45分
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181107/k10011701001000.html?utm_int=news_contents_news-main_001



      【【LIVE】<米中間選挙> 速報中 上院はトランプ大統領の共和党が多数派維持】の続きを読む