• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:ワールドニュース > 戦争・テロ・紛争

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ごまカンパチ ★ 2018/08/20(月) 04:54:53.61 ID:CAP_USER9
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00546855-shincho-int
      ■大日本帝国を懐かしむ人たち

      毎年8月になると戦争関連の書籍、報道、番組、記事が増える。基本的に全面的に肯定する人はいないものの、
      先の戦争の評価は人それぞれである。「日本のやったことはすべて悪い」という立場もあれば、「仕方が無かった面もある」
      「良かった点もある」という立場もある。前者は後者を「歴史修正主義」などと批判し、後者は前者を「自虐史観」と批判する。
      これもまた毎年のように繰り返される光景だ。

      続きはソースで

      【【日本】「大日本帝国時代は本当にいい時代だった」パラオの人はなぜ今も親日なのか 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な WATeR ★ 2018/08/19(日) 04:45:42.55 ID:CAP_USER9
       太平洋戦争前夜に発覚した、20世紀最大の国際スパイ事件「ゾルゲ事件」を巡り、当時の司法省などが報道を厳しく規制した「新聞記事掲載要領」や、関係各省と発表の文言・公開範囲を折衝していた内部文書が見つかった。
      ソ連のスパイ網が国家の中枢にまで伸びていたことが判明する中、各省が都合の悪い表現を削除し、また事件の重大性の矮小(わいしょう)化を図るなど、政府の思惑や、対メディア戦略が記されている。
      ゾルゲ事件の1次資料を集めた「現代史資料」(みすず書房)に未掲載のものも含まれる一級資料だ。

       

      「ゾルゲ事件」を報道する新聞への細かな指示が記された「新聞記事掲載要領」(国立国会図書館所蔵)=東京都千代田区で、根岸基弘撮影
      no title


      ゾルゲ=太田耐造関係文書より(国立国会図書館所蔵=東京都千代田区で、根岸基弘撮影
      no title



      ゾルゲ事件を報じた、1942年5月17日付東京日日新聞2面。4段組み、写真を掲載しないなど政府の指示通りの扱いとなっている
      no title


      続きはリンク先で
      https://mainichi.jp/articles/20180818/k00/00m/040/195000c
      2018年8月18日 06時00分(最終更新 8月18日 08時25分)

      【【国際スパイ】ゾルゲ事件で新聞統制 旧司法省幹部手控え発見【内部文書】】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な シャチ ★ 2018/08/14(火) 21:37:55.40 ID:CAP_USER9
      こちらは太平洋戦争の旧日本軍の戦闘機です。
      山梨県鳴沢村の博物館で、幻とされる「隼」の復元がほぼ完了し、戦後73年を前に公開されています。

      ソース全文はこちらで
      8/14(火) 18:50配信 UTYテレビ山梨
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000005-utyv-l19

      【【山梨】旧日本軍の幻の戦闘機「隼」復元し公開 ゼロ戦も展示 河口湖飛行館 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      beach-1867285_640

      1:最速ニュース+な Toy Soldiers ★ 2018/08/14(火) 20:13:15.08 ID:CAP_USER9
       深井俊之助氏は、大正3年生まれの104歳。部屋の中を杖もつかずに歩き、座る姿勢は背筋がピンと伸び、驚くべき記憶力で理路整然と語る。

       深井氏は戦前、海軍の通信技術者だった父親の影響から海軍兵学校に入り、終戦まで戦艦乗組員として活動した。
      そして、いくつかの艦を乗り継ぎ、昭和19年3月、少佐として世界最大と謳われた戦艦「大和」の副砲長を命じられた。

       
      ソース全文はこちらで
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15157773/

      【【軍事】「間違いなく世界一の船だった」104歳の元乗組員が大和を語る 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/08/14(火) 04:50:14.15 ID:CAP_USER9
      元首相米内光政が終戦に至る内幕について聴取された際の、海軍側が残した証言録「会談摘録」(防衛研究所戦史研究センター所蔵)
      no title


       太平洋戦争の終結時に海軍相を務めた元首相米内光政(1880~1948年)が、終戦に至る内幕について米国の調査団に聴取された際、海軍側が手控えとして残した米内の証言録が防衛省防衛研究所(東京都新宿区)に保管されていることが13日、分かった。

      ソース全文はこちらで
      https://this.kiji.is/401652099190522977

      【【東京】海軍大臣・米内光政、終戦内幕の証言録 防衛研が保管 「(陛下ニ)聖断ヲ仰ギ奉ッタ」「内面的ニハ終戦工作ヲヤリマシタ」 】の続きを読む