• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      カテゴリ:海外ニュース > 北朝鮮

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/03/16(土) 11:21:24.72 ID:0xswqdOw9
       北朝鮮の平壌で6、7の両日、朝鮮労働党の第2回党初級宣伝活動家大会が行われた。初級宣伝活動家とは、行政機関や工場など末端の職場単位で置かれた党組織で、思想教育やプロパガンダを担当する人々だ。

      金正恩党委員長はこの大会に「斬新な宣伝・鼓舞によって革命の前進原動力を倍加していこう」というタイトルの書簡を送っているのだが、その中に、実に衝撃的な内容が含まれている。何と、父である故金正日総書記を、婉曲な表現ながらも否定しているのだ。

      金正恩氏は、父の「異常な女性遍歴」を忌み嫌っていたとの説は以前からあるが、このような形で父親批判が出てくるとは思わなかった。

      続きはソースで

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16168211/

      【【北朝鮮】実は「父親嫌い」だった金正恩氏 「異常な女性遍歴」が原因か  】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/02(土) 09:02:49.67 ID:p5tQ1Qn99

      https://www.bbc.com/japanese/47067450

      米高官、北朝鮮がウラン濃縮施設の全廃棄を約束と
      2019年02月1日

      米国務省の北朝鮮担当は先月31日、北朝鮮が現在保有する全てのウラン濃縮施設を廃棄すると、アメリカと韓国に約束したことを明らかにした。カリフォルニア州のスタンフォード大学での講演で述べた。

      国務省のスティーヴン・ビーガン北朝鮮担当特別代表は、北朝鮮は韓国側とマイク・ポンペオ米国務長官それぞれに対し、全てのウラン濃縮施設の廃棄を約束したと話した。

      ビーガン氏は、トランプ政権は北朝鮮非核化の見返りとしての「相応の措置」について議論するつもりだと明かした。しかし、アメリカ側はまず最初に、北朝鮮の核兵器計画について「完全に理解すること」が必要だと述べた。

      一方、トランプ大統領はこの日、大統領執務室で記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談の開催日時と場所について近く発表すると明らかにした。

      両首脳は昨年シンガポールで初対面し、現職の米大統領と北朝鮮の最高指導者による史上初の会談が実現した。
      トランプ大統領は以前、米朝両国は「とてつもない進展」を実現したと評価していた。
      (リンク先に続きあり)

      北朝鮮が保有する全てのウラン濃縮施設の廃棄を約束したと明かしたスティーヴン・ビーガン米国務省北朝鮮担当特別代表(1月31日、米カリフォルニア州)
      no title

      【【北朝鮮核問題】米高官ビーガン氏、北朝鮮がウラン濃縮施設の全廃棄を約束と 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/30(水) 06:58:58.65 ID:ucScbzfO9

      http://www.afpbb.com/articles/-/3208752?act=all

      北朝鮮の核兵器放棄「可能性低い」 米情報長官
      2019年1月30日 5:28 
      発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 北朝鮮 韓国・北朝鮮 ]

      【1月30日 AFP】米国のダン・コーツ(Dan Coats)国家情報長官は29日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が北朝鮮との非核化をめぐる交渉で成果を上げるとしても、北朝鮮がすべての核兵器を放棄する可能性は低いとの見解を示した。

       コーツ氏は議会に出された報告書で「北朝鮮は米国および国際社会から重要な譲歩を引き出すため、部分的な非核化の道の交渉に努めるものの、われわれは引き続き、北朝鮮がすべての核兵器とその生産能力を放棄する可能性は極めて低いと評価する」と述べた。

       さらにコーツ氏は「北朝鮮はとりわけ外交上の取り組みや制裁体制に対する報復、さらに制裁の直接的な回避を通じ、米国が主導し取り組む圧力強化の効果を引き続き弱めようとするだろう」と言明した。


       年次報告書は、米国に対する脅威の評価を米国の全情報機関がまとめたもの。

       報告書によると、北朝鮮指導部は核兵器能力の保持が「体制存続に不可欠」とみなしており、 金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は、北朝鮮が核問題で大幅な譲歩を受け入れずに米国の制裁圧力を和らげることを目指し、中国と韓国に支持を求めているという。

       2回目の米朝首脳会談は2月下旬に開催される見通しだ。(c)AFP

      【【北朝鮮の核兵器放棄】「可能性低い」 ダン・コーツ米情報長官】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/01/27(日) 07:41:17.27 ID:cjdIqJFc9
      韓国“暴挙”海自機にレーダー照射
      2019.1.26 
      https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/190126/soc1901260007-s1.html
      no title

      西村金一氏

       韓国による「理不尽な言いがかり」の背景として、韓国海軍の駆逐艦による火器管制用レーダー照射問題の「論点ずらし」を狙っている可能性が高い。こうしたなか、韓国側が救助活動をしていたという“北朝鮮漁船”への疑問が強まっている。アンテナの形状などから、軍事専門家は「軍や特殊部隊が使用する船舶」との疑いを強める。日米情報当局も「北朝鮮工作船と酷似している」と分析。文在寅(ムン・ジェイン)政権は、一体何を隠しているのか。

      続きはソースで 

      【【レーダー照射】「救助」主張の北漁船は『特殊部隊用』か 普通の漁船にはない特殊アンテナに加えケーブルも 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      【【北朝鮮】瀬取り続けている” 日本政府 安保理に通報】の続きを読む