• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      2020年01月

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2020/01/06(月) 18:29:14.30 ID:MwLSI9Jo9
       トルコのエルドアン大統領は5日、国家分裂状態にあるリビアのシラージュ暫定政権を支援するためトルコ軍の派遣を開始したと述べた。対立するエジプトやサウジアラビアが派兵に強く反発しており、米イランの緊張に加えて、中東の不安定化が加速する恐れもある。

      https://mainichi.jp/articles/20200106/k00/00m/030/170000c

      【【第三次世界大戦へ】トルコ軍「リビア派兵開始」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2020/01/04(土) 17:54:30.12 ID:WErDCVfr9
      米軍、中東に約3000人増派 脅威の高まりに対応=国防総省
      2020年1月4日07時50分

       [ワシントン 3日 ロイター] 
      - 米国防総省は3日、第82空挺師団から中東に約3000人を増派すると発表した。中東地域で米軍に対する脅威が高まる中での予防措置という。

       また匿名の米高官は、レバノンの大使館防衛などに向け、欧州を拠点とする第173空挺師団の一部派遣なども検討されていると述べた。

       国防総省は声明で、「米国の国民と施設に対する脅威レベルの高まりに対応する適切かつ予備的な措置」としてクウェートに増派し、予備部隊の再構築を支援するとした。今週発表された約750人の米兵派遣に加わることになる。

      http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN1Z228K.html

      【【米国】レバノンなど中東に空挺団3000人派兵 予防的措置だから・・・】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2020/01/04(土) 14:16:33.82 ID:oh468BCq9
       米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことを受け、イランのラバンチ国連大使は3日、米CNNの取材に応じ、「我々は目を閉じていられない。間違いなく報復する。厳しい報復だ」と語った。「軍事行動」に出るとも宣言した。両国間の緊張は一層高まっている。

       ラバンチ氏はソレイマニ司令官の殺害について「イラン国民に対する戦争行為だ」と批判。「イランに対する開戦に等しく、(二国間関係は)新たな段階に入った」と述べた。

       ラバンチ氏はまた、グテーレス国連事務総長と安全保障理事会に対し、「国連憲章を含む国際法の基本原則を完全に侵害しており、明らかな国家テロだ」とする書簡を3日に送付した。

      朝日新聞デジタル 2020年1月4日10時23分
      https://www.asahi.com/articles/ASN1432F4N14UHBI00J.html



      【【イラン】軍事行動を宣言 司令官殺害は「開戦に等しい」 】の続きを読む