• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      2018年11月

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      craftsmen-3094035_640

      1:最速ニュース+な 壁に向かってアウアウアー ★ 2018/11/29(木) 01:30:11.38 ID:CAP_USER9
      【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は28日、日本経済の年次審査報告書を発表し、高齢化による人口減少で「実質GDP(国内総生産)は今後40年で25%以上落ち込む恐れがある」と予測した。労働力を確保して成長を継続させるため、外国人労働者の受け入れ拡大などを選択肢として検討するよう提言した。
       IMFによると、日本の労働人口に占める外国人の割合は2%程度と世界でも最低水準。適切な受け入れ規模は各国が判断すべきだとしつつ、「日本の場合は特に技能を持つ外国人(の受け入れ拡大)が役立つ」(審査担当者のポール・カシン氏)との見方を示した。
       IMFは、日本の高齢化に言及し、早急な改革に取り組まなければ成長力が落ち込むと分析。「女性や高齢者、外国人労働者のさらなる活用は人口減(問題)を一部補う」と検討を提案し、賃上げを図る所得政策の重要性も強調した。(2018/11/29-00:13)

      https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112900015&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

      【日本のGDP今後40年で25%減=外国人材の拡大検討を-IMF】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な しじみ ★ 2018/11/28(水) 14:36:17.04 ID:CAP_USER9
      ■4億キロの旅を経て火星に着陸した探査機インサイト、目指すは火星内部の解明

       205日間、4億キロを超える宇宙の旅を経て、NASAの火星探査機インサイトが日本時間の11月27日早朝、無事に火星着陸を果たした。火星の内部を調査し、地中マップを作るというミッションを託されたインサイトが着陸したのは、火星の赤道付近にあるエリシウム平原。単調な荒野が広がる日当たりのいい場所だ。

       米カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所(JPL)に集まっていた科学者や技術者のチームのもとには、まず無事に着陸したことを示すデータが届き、続いて、火星の地平線とインサイトの脚の一部が映った画像がインサイト自身から送られてきた。

      「このときを待ちわびていました。ずっと心に描いてきた光景です」と、インサイトチームのシステムエンジニアであるJPLのロブ・マニング氏は話す。さらにソーラーパネルを無事展開できると、インサイトは火星で活躍している探査機たちの新メンバーとして仲間入りを果たすことになる。

      ■火星の大気圏へ突入

       2018年5月5日、米カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられたインサイトは、星の位置を手掛かりに航行コースを制御しつつ火星へ向かった。

       火星に接近した11月25日以降、インサイトの突入・降下・着陸チームは2度にわたり、探査機を着陸軌道にのせる作業を行った。着陸場所としてエリシウム平原が選ばれたのは、赤道付近にあって日当たりがよく、地形が単調であるからだ。このような条件は、観測機器を設置するには理想的だ。

       大気圏突入の経路を設定してしまえば、あとは座して見守るのみ。インサイトは自力で火星の地表に降り立たなくてはならない。つまり、無事に着陸できるかどうかは、プログラムされた命令と、搭載されている観測機器が正常に動作するかどうかにかかっている。

      「当然ですが、無事に越えれば安心というポイントがいくつかあります」と、突入・降下・着陸チームのジュリー・ワーツ=チェン氏は言う。

       インサイトが火星の薄い大気と接触するとき、時速約2万キロで降下する本体は耐熱シールドによって守られる。約1分後、探査機はパラシュートを展開して降下速度を落とし、時速200キロ程度にまで減速する。

       その後、耐熱シールドを切り離し、搭載されているレーダーで地面を探して照準を合わせる。上空1000メートルの位置でパラシュートも切り離し、しばらく自由落下したあと、12基の降下用エンジンを噴射して最終的に時速8キロまで減速する。

       火星の大気に接触してから地表に脚を広げるまでの時間は、わずか6分45秒。さらに着陸によって舞い上がった塵が収まるのを待った後、ソーラーパネルの展開を始めることになっている。

      続きはソースで

      ■NASAのインサイト探査機が送信してきた最初の写真。赤道付近に着陸した直後の火星の地表を撮影している。
      no title

      インサイトは、火星の赤道近くにあるエリシウム平原に着陸した。
      no title

      NASAのインサイト探査機が火星を掘削する様子を描いた想像図。
      no title


      ナショナルジオグラフィック日本版サイト
      https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/112700514/

      【【宇宙開発】火星に着陸成功、NASAの火星探査機インサイトはこれから何をする?】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な しじみ ★ 2018/11/28(水) 14:15:17.98 ID:CAP_USER9
      オーストラリアの巨大な牛に、大勢の人たちが目を奪われている。

      ニッカーズと名付けられたその牛は、オーストラリア南西の街・マイアラップにある牧場で飼われている7歳のホルスタイン。
      no title


      高さは194センチで、重さ1.4トン。平均的なホルスタインに比べて、体重は2倍、高さは50センチ高いという。オーストラリアのニュース番組は「マイケル・ジョーダンと同じくらい高い」と表現する。

      こんなに大きいと不便なこともありそうだが、大きすぎる体がニッカーズの命を救ったという。飼い主のジェフ・パーソンさんはニッカーズを売ろうとして、食肉処理業者から大きすぎると言われた。

      「重すぎて、食肉処理施設の設備を通り抜けられないんだ」「このまま、幸せに暮らすことになるだろう」と、パーソンさんはニュースサイトのパースナウに語る。

      BBCによると、ニッカーズは他の牛たちを先導する役目を担う牛として買われた。もともと周りより大きく目立つ牛だったが、いつになっても成長がとまらなかった。

      そして気が付いた時には、売るには大きすぎる牛となっていた

      そのサイズゆえに、周りの牛たちから恐れられているかと思いきや、ニッカーズは慕われているという。

      「ニッカーズを放牧場に入れると、他の牛たちが彼についていくんだ。ニッカーズが起きて歩き始めると、後ろに何百頭もの牛の群れができるよ」とパーソンさんは話す。
      no title

      no title


      https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/27/huge-cow-australia_a_23602910/

      【【どうぶつ】〈画像〉高さ194センチ重さ1.4トン、巨大な牛がオーストラリアに出現「大きくなりすぎて命が助かる」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な Super neet ★ 2018/11/28(水) 12:27:03.36 ID:CAP_USER9
      遺伝子情報を書き換えるゲノム編集技術で、双子の赤ちゃんが誕生したと主張する中国の研究者について、中国政府は「事実なら処分する」との考えを示した。

      この問題は、南方科技大学の賀建奎副教授が、エイズウイルスに感染しないよう、ヒトの受精卵のゲノム編集を行い、双子の女児が誕生したと発表したもの。

      中国メディアによると、中国科学技術省などは、「事実なら法律に基づき、賀副教授を処分する」と明らかにした。

      今回の研究について、日本の専門家からも批判の声が上がっている。

      北海道大学・石井哲也教授は、「(賀副教授は何を考えている?)一番は功名心だと思う」、「(研究が)虚偽であっても問題だと思うし、本当であれば由々しき事態」などと話した。

      賀副教授は28日、香港で開かれている国際会議で研究内容を発表するとみられ、真偽も含めて注目されている。

      https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181128-00406471-fnn-int

      【【中国政府】「事実なら研究者を処分」 ゲノム編集双子女児】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な 樽悶 ★ 2018/11/27(火) 21:29:15.51 ID:CAP_USER9
      シリア東部ハジンの位置を示す地図(2018年11月26日作成)
      no title


      【11月27日 AFP】在英NGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は26日、米国主導の有志連合が支援するクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」がシリア東部でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の大規模な攻撃を受け、これまでにSDFの戦闘員92人が死亡したと明らかにした。単一の戦闘によるSDFの死者数としては2015年のSDF創設以降で最多だという。

       監視団によると、約500人規模のIS戦闘員が23日、SDFに奇襲を仕掛けた。有志連合側も、一時ISに奪われたSDFの陣地を奪回するため空爆を実施し、IS戦闘員少なくとも61人と、民間人51人が死亡した。民間人の大半はIS戦闘員の親族とみられている。

       一連の戦闘による双方の死者は200人を超えた。

       SDFは有志連合の支援を受けてシリア領内のIS掃討作戦に参加している。ISは現在拠点としているシリア東部デリゾール(Deir Ezzor)県のハジン(Hajin)周辺で、被害を最大化させるべく個人や集団による自爆や潜伏工作員による攻撃を繰り返している。

      ■攻略は難航か

       シリア人権監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、SDFがハジンのIS攻略を始めた今年9月10日以降、SDF側の死者は今回の92人を含めて452人になったと述べた。

       ISはこのところ激しい抵抗を見せているが、これは、気象条件が悪く有志連合の空爆が妨げられているからだという。有志連合は24日、気象条件によって空爆に制約を受けていることを認めた。

       監視団は、ハジンのIS攻略開始以降死亡した民間人は284人に上り、その多くは空爆の犠牲になったとしている。有志連合は、空爆で死亡したとみられる民間人のうち一部しか認めないのが通例だ。

       欧州大学院(European University Institute、EUI)のシリア専門家、トーア・ハミング(Tore Hamming)氏は、昨年SDFがISから奪還したシリア北部の都市ラッカ(Raqa)のような狭い場所とは異なり、ハジンでISを包囲するのは難しいと指摘する。

       ハミング氏は、ISはシリア政府やクルド人よりも土地勘があり、地元住民の支援もより多く受けている説明し、ISには経験を積んだ戦闘員が多く、現在の拠点を失えば後がないという認識が激しい抵抗につながっていると述べた。(c)AFP/Rouba El Husseini

      2018年11月27日 13:08
      http://www.afpbb.com/articles/-/3199309

      【【国際】シリア東部でISが猛攻、クルド民兵92人死亡 双方の死者200人超に 】の続きを読む