• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      2018年04月

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/04/28(土) 03:37:40.99 ID:CAP_USER9
      ◆体長11.15センチの巨大な蚊 中国で発見

      中国で体長11センチを超える巨大な蚊が発見された。
      24日、新華社通信が報じた。
      西中国昆虫博物館の職員ジャオ・リ氏はこの蚊について、2017年8月に四川省青城山付近で見つかった世界最大の蚊の Holorusia mikadoに属するものと指摘している。



      ツイート:https://twitter.com/PDChina/status/988606387495186432

      ■写真
      no title

      no title

      no title

      no title

      ソース全文はこちらで
      sputnik日本 2018年04月26日 18:09
      https://jp.sputniknews.com/science/201804264823386/



      【【中国】体長11センチを超える巨大な蚊 発見される(写真あり)】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/04/28(土) 11:27:00.27 ID:CAP_USER9
      首都圏マニラ市の湾岸遊歩道上に昨年12月に建てられた慰安婦像が27日夜、ショベルカ−で撤去された。慰安婦像付近には少なくとも今週初めからショベルカーが置かれ撤去の可能性がささやかれていたが現実となった。

       慰安婦像をめぐっては、昨年末から在比日本大使館やフィリピンを訪問した野田聖子総務相らがドゥテルテ政権に対して重ねて「遺憾の意」を伝えていた。

       
      ソース全文はこちらで
      http://www.manila-shimbun.com/category/society/news237369.html

      【【フィリピン】マニラ湾岸の慰安婦像が27日夜重機で撤去】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/04/28(土) 05:41:55.93 ID:CAP_USER9
      ◆イェール大学、身体から切り離された脳を36時間”生かす”ことに成功

      マッド・サイエンスの領域ですよ...。
      イェール大学の神経科学者であるNenad Sestanが率いるチームが行なった実験が話題になっています。
      それは豚の頭部を身体から切り離し、外部の”維持装置”と接続することで脳に36時間、正常な活動を続けさせることに成功したというものです。



      イメージ写真:no title

      ソース全文はこちらで
      ギズモード・ジャパン 2018.04.27 14:00
      https://www.gizmodo.jp/2018/04/decapitated-brain-alive-for-36-hours.html

      【身体から切り離された脳を36時間”生かす”ことに成功【イェール大学】】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      trump-1695112_640

      1:最速ニュース+な RITZ Party ★ 2018/04/27(金) 22:11:43.49 ID:CAP_USER9
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29947570X20C18A4EA1000/

      トランプ米大統領は27日夜、韓国と北朝鮮による南北首脳会談を経て共同宣言が発表された後、ツイッターで「朝鮮戦争が終わる!」と書き込んだ。

       「ミサイル発射や核実験で猛烈な1年が過ぎた後に、歴史的な南北朝鮮の会談が行われた」とも言及。「良いことが起きている」と評価する一方で、「時のみが語る」とも記した。今後の北朝鮮の行動が重要だとの認識を示したようだ。

       同時に「私の親しい友人である中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の多大な助力を忘れないでほしい」と習主席を称賛。「彼がいなければ、より長く、より困難なプロセスだっただろう」と書き込んだ。

      【【トランプ大統領】「私の親しい友人である彼がいなければ、より長く、より困難なプロセスだっただろう」習主席を称賛】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/04/28(土) 08:41:47.28 ID:CAP_USER9
      ◆防衛省 海自護衛艦で戦闘機発着可能か調査

      空母のような甲板を持つ海上自衛隊の最大の護衛艦について、防衛省が、戦闘機の発着が可能かどうか外部に依頼して調査を行い、改修の方法などを確認していたことがわかりました。
      防衛省は、あくまでも調査研究が目的で、空母への改修を具体的に検討したものではないとしています。



      写真:no title

      ソース全文はこちらで
      NHKニュース 2018年4月28日 6時52分
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180428/k10011421351000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009

      【【防衛省】海自護衛艦で戦闘機発着可能か調査】の続きを読む