• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      2018年03月

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      sign-24046_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/03/28(水) 14:19:27.33 ID:CAP_USER9
       【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は27日、北朝鮮・寧辺の核施設にある実験用軽水炉(ELWR)の試験運用が始まった兆候が確認されたとする、商業衛星写真に基づく分析を伝えた。

       同紙によれば、同軽水炉は25~30メガワットの発電能力があり、既に送電網に接続されているとみられる。

       北朝鮮は「民生用」と説明しているが、米政策研究機関「科学国際安全保障研究所」(ISIS)は年間約20キログラムの兵器級プルトニウムを生産する能力があると分析。これは、これまで北朝鮮の核兵器製造に活用されてきた別の大型原子炉の4倍以上の生産能力に達するという。

      ソース全文はこちらで
      産経ニュース
      http://www.sankei.com/world/news/180328/wor1803280016-n1.html

      【【北朝鮮】寧辺の軽水炉が試験運用開始か?「核兵器用プルトニウムの製造加速」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/03/27(火) 16:39:47.61 ID:CAP_USER9
      ◆ウイルス攻撃後に自己回復 日本HP、パソコンに新技術搭載

      日本HPは、コンピューターウイルスなどの攻撃を受けた後に自己回復する新セキュリティー技術をノートパソコンなどに搭載する。
      最近では4・2秒ごとに新しい攻撃が生まれる一方、セキュリティー対策の弱いオフィス外で働くことが増えている。

      攻撃を全て防御することは困難なことから、これを前提に、被害の緩和と復旧の機能を高めて事業停止のリスクを低減する。
      法人向けノートパソコン2機種とモバイルワークステーション1機種に新技術を搭載し、4月上旬から順次発売する。
      「HPエリートブック850G5ノートブックPC=写真」の価格は、17万9800円(消費税抜き)から。

      no title

      ソース全文はこちらで
      日刊工業新聞 2018/3/27 05:00
      https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00467212?twinews=20180327

      【【PC】ウイルス攻撃後に自己回復できるPC発売される(日本HP)】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      military-raptor-582888_640

      1:最速ニュース+な きらら ★ 2018/03/28(水) 09:36:17.78 ID:CAP_USER9
      最強のステルス戦闘機として名高いF-22「ラプター」。
      かつて2016年には、北朝鮮への圧力強化のために沖縄県の嘉手納基地に12機が暫定配備され、その存在感を内外に示しました。
      そして在日米軍基地の航空祭などでは、機体展示が行われることもありますが、機体の周辺ではMPが常に監視しており、機密性の高い機体である事がうかがえます。


      ソース全文はこちらで
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00010000-norimono-bus_all

      【【軍事】F22「ラプター」が最強といえる理由】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/03/27(火) 10:59:37.38 ID:CAP_USER9
      ◆福岡で卑弥呼の墓?発見か それでも調査の予定ない理由

      古代史最大の謎がついに解明か──。
      福岡県の赤村にある丘陵をめぐって、西日本新聞が報じた「『卑弥呼の墓では』巨大な前方後円墳? 謎の丘陵」(3月20日付)という記事が大きな話題を呼んでいる。

      〈全長は約450メートル。日本最大の前方後円墳『大山古墳』(堺市)の墳丘長に迫る大きさとあって、古代史ファンからは『卑弥呼の墓では?』といった期待の声も聞かれる〉

      地域住民などによる「豊の国古代史研究会」の調査では、後円部に当たる部分は直径約150メートルで、これは魏志倭人伝にある卑弥呼の墓の直径の記録とほぼ一致するのだという。
      卑弥呼が治めた邪馬台国の所在地については、長く九州か畿内かで論争が続いてきたが、奈良盆地の纏向(まきむく)遺跡と箸墓(はしはか)古墳の調査が進んだことにより、近年は畿内説を有力視する声が強まっていた。
      しかし、この丘陵は、九州説巻き返しの切り札になる可能性を秘めているという。



      写真:たしかに前方後円墳のようにも見えるが(Google Earthより)
      no title

      ソース全文はこちらで
      ※週刊ポスト2018年4月6日号

      ライブドアニュース(NEWSポストセブン) 2018年3月26日 16時0分
      http://news.livedoor.com/article/detail/14487080/

      【「福岡で卑弥呼の墓を発見?」魏志倭人伝にある記録と一致】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/03/28(水) 09:10:02.66 ID:CAP_USER9
      中国国営の新華社通信がさきほど、伝えたところによりますと、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、28日までの4日間の日程で、中国の北京を訪問し、習近平国家主席と初めての首脳会談を行ったということです。

      この中で習主席は、ことしに入ってから朝鮮半島情勢には前向きな変化が出ていると指摘したうえで「北朝鮮が重要な努力をしたことを称賛する」と歓迎しました。



      ソース全文はこちらで
      NHK NEWS WEB
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180328/k10011382081000.html?utm_int=news_contents_news-main_001


      【【中国・北朝鮮首脳会談】習主席「北朝鮮が重要な努力をしてことを称賛する」】の続きを読む