• by
  • 画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      2018年03月

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      silhouette-3265909_640

      1:最速ニュース+な 復讐の鬼 ★ 2018/03/29(木) 16:23:10.61 ID:CAP_USER9
      北朝鮮関係筋によると、金正恩政権が最近、朝鮮労働党幹部らに「6月初めにも日朝首脳会談の開催がありうる」との説明を始めた。
      日朝首脳会談に対する金正恩政権の関心が明らかになるのは、2011年12月の権力継承後初めて。

       説明は、党中央が幹部らを政治的に教育する学習会の資料で示された。資料は正恩氏の外交手腕を絶賛し、
      韓米中日ロの順番で5カ国に対する外交方針を個別に説明したという。

       対日政策について、資料は「日本政府が最近、朝鮮総連を通じ首脳会談の開催の意思を北朝鮮側に打診してきている」と説明。
      日朝首脳会談は5月の実施を目指す米朝首脳会談の後、6月初めにも平壌で開かれることがありうるとした。

      https://www.asahi.com/articles/ASL3X4VPQL3XUHBI028.html



      【【北朝鮮】「日朝首脳会談6月にあるか?」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      border-853784_640

      【【朝鮮半島】「4月27日に首脳会談  」韓国政府発表】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/03/29(木) 11:55:57.86 ID:CAP_USER9
        ただ、正恩氏は「南朝鮮(韓国)と米国が善意をもって我々の努力に応じ、平和実現のために『段階的で同時並行的な措置』を取るならば、非核化問題は解決に至ることが可能となる」と語った。北朝鮮が非核化に向けた行動を取るのと歩調を合わせる形で、米国の北朝鮮に対する「軍事的脅威の除去」や「体制の安全の保証」、段階的な経済制裁の解除などを要求していく構えを示したとみられる。

      ソース全文はこちらで
      http://sp.yomiuri.co.jp/world/20180328-OYT1T50117.html
      no title



      【【北朝鮮】非核化に条件付ける・・・今度こそはだまされるなよ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      laptop-3087585_640

      1:最速ニュース+な ガーディス ★ 2018/03/29(木) 15:20:16.87 ID:CAP_USER9
       京都大は、平和を脅かす軍事研究をしない基本方針を決め、ホームページで公表した。軍事研究に当たるかどうかは、学内に設置する委員会で判断する。

       方針では、「研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋(つな)がる軍事研究は行わない」と明示。京大は1967年、軍事機関から資金提供を受けることは望ましくないと、学内で申し合わせた。国は数年前から安全保障関連技術の研究に巨額資金を提供しており、明文化した方針が必要と判断したという。

       
      ソース全文はこちらで
      http://www.asahi.com/sp/articles/ASL3Y36MDL3YPLZB002.html?iref=sp_new_news_list_n


      【【京都大学】「軍事研究は行わない」明文化】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      war-469503_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/03/28(水) 22:33:27.59 ID:CAP_USER9
      https://www.cnn.co.jp/m/usa/35116800.html

      2018.03.28 Wed posted at 10:42 JST
      ワシントン(CNN) 米戦略軍トップのジョン・ハイテン司令官がCNNの単独インタビューに応じ、現在の米軍のミサイル防衛が通用しない新型の超音速兵器開発に、ロシアと中国が力を入れていると指摘した。

      新型兵器の運用が開始されるのは、まだ数年先になる見通し。しかしハイテン司令官は、米軍のミサイル防衛システムの対応を急がなければ、新型兵器の運用が開始されても、米軍には検知できないと警告した。

      「中国もロシアも超音速性能の実験を行っている。我々も実施してきた。超音速性能は重大な課題だ」「我々が超音速の脅威を察知するためには、違うセンサーが必要になる。敵はそのことを知っている」(ハイテン氏)
      続きはソースで

      【【中ロの超音速兵器】ミサイル防衛通用しない恐れも「米ハイテン司令官」】の続きを読む