• by
  • 最速ニュース+:3/2385
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/11(月) 05:17:19.24 ID:NiLp1j8d9
      https://jp.sputniknews.com/science/201902115904913/

      中国 人間の脳のコマンド​で​操縦可能なラットを創出【動画】
      テック&サイエンス
      2019年02月11日 01:45

      中国​、​杭州市​の​浙江大学の研究者チーム​がラットに人間の脳から信号を送る​​実験に成功した。電極を埋め込まれた実験用ラットは、直接人間の脳から信号を受け、複雑な迷路に簡単に対処した。英科学誌『サイエンティフィック・レポーツ』にこの共同研究の実験報告が掲載された。
      スプートニク日本

      研究者チーム​は6匹の実験用ラットに無線信号によって作動する一対のミクロ電極を植え付けた。ラットは、2つの電極のコマンドを区別し、一方に反応して右に曲がり、もう一方では左に曲がるように教えられた。信号は人の脳から脳波計を通して送信された。

      マウスは、階段とトンネルが設けられた複雑な迷路の中に置かれても、「人​に​​操縦されている」ため、​何度試されてもその度に​迅速かつ簡単に​作業をこなすことができた。

      ​研究者ら​は、このような技術​によって​​将来​、​完璧に​操縦​できる正真正銘の「サイボーグ」動物​を作り出すことができ、捜索や救助活動など​で活用が可能​と見なしている。

      動画
      https://youtu.be/PtjC_QAbWx0


      【【中国】人間の脳のコマンド​で​操縦可能なラットを創出】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/11(月) 09:31:21.87 ID:Qs7+gNn89
      ・1月22日に開かれた日露首脳会談について、週刊新潮が報じた
      ・領土問題に進展がないのに、なぜ安倍首相は毎回来るのかとロシア紙は報道
      ・領土の合意をエサに、安倍首相が弄ばれているとのレポートも出ているそう

       ツバメ一羽だけでは春は来ず。そんな諺(ことわざ)がロシアにはある。「わずかな兆候だけで結論を急ぐな」との意味だという。日露交渉の進展へと前のめりになる日本のメディアへの警句のごとし。

      続きはソースで

      2019年2月11日 5時57分
      デイリー新潮
      http://news.livedoor.com/article/detail/16003666/
      no title

      【【ロシア】「成果がないのに、なぜアベが毎回来るのか分からない」ロシア紙】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/09(土) 22:10:55.06 ID:o5aGkDrx9
      ロシア軍が新たに光学兵器を開発。

      特殊な光線を照射することで、兵士に幻覚を見せる・自分がどこにいるか分からなくさせる・めまいや吐き気を催すなどの効果があるのだそうです。

      ロシア海軍が非致死性の兵器として開発した『フィリン(Filin)』を軍艦2隻に搭載した、とロシアの国営通信社「RIA Novosti」が発表しました。

      この兵器はストロボライトにも似た光線を発射することで、「交戦相手の夜間の視認能力を低下させる」目的があるとのこと。

      続きはソースで

      (写真)新兵器フィリン
      no title


      RT 2019年2月4日10:09(英語)
      https://www.rt.com/russia/450489-russian-navy-system-hallucinations/



      【【ロシア】敵の兵士を盲目にして幻覚を見せ嘔吐させる新兵器開発 (写真あり)】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/08(金) 19:00:15.81 ID:A78u/2yb9
       日本列島を載せた陸側の岩板(プレート)の下に海側のプレートが沈み込み、巨大地震を引き起こす南海トラフについて、紀伊半島南東の太平洋沖を掘削して海底下約5200メートルのプレート境界面の状態を調べ、地震発生の仕組みを探る計画に着手していた海洋研究開発機構は8日、境界の調査を断念したと発表した。

       同機構は昨年10月、世界最高の掘削性能を持つ地球深部探査船「ちきゅう」を使い調査を開始。同12月、科学掘削の世界最深記録となる海底下3262・5メートルまで掘削したが、地盤が脆弱(ぜいじゃく)で穴が崩れ、掘り続けられなくなった。他の経路での掘削を模索したが、適切な方法が見つからなかったことからプレート境界への到達は不可能と判断した

      続きはソースで 

      2019.2.8 16:47
      産経新聞
      https://www.sankei.com/affairs/news/190208/afr1902080028-n1.html

      【【巨大地震】南海トラフ、プレート境界面の掘削調査断念 海底下3262メートルで穴が崩れる 海洋機構 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/08(金) 17:04:17.91 ID:A78u/2yb9
       安倍晋三首相は衆院予算委員会で、北方領土を巡るロシアとの交渉について4島返還から後退したのかとの指摘に「いかに静かな交渉ができるかにかかっている。批判を甘受しても交渉を進める努力を重ねたい」と述べた。

      2019/2/8 16:532/8 16:57updated
      共同通信
      https://this.kiji.is/466512604832351329

      【【安倍首相】北方領土を巡るロシアとの交渉「批判甘受しても進める」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/08(金) 05:42:38.12 ID:NMmp5Z5e9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190208/k10011807881000.html

      北海道上空に観測史上最強レベルの寒気 厳しい寒さに十分注意
      2019年2月8日 5時35分気象

      8日は北海道の上空に観測史上最も強いレベルの寒気が流れ込み、札幌市などでは日中でも最高気温が氷点下10度前後の厳しい寒さが予想されています。水道管の凍結や体調の管理などに十分な注意が必要です。

      気象庁によりますと、北日本の上空には非常に強い寒気が南下していて、特に北海道では上空1500メートルで氷点下24度以下という、観測史上最も強いレベルの寒気が流れ込んでいます。

      午前5時の気温は、北海道の北見市で氷点下11度9分、旭川市で氷点下12度9分、札幌市で氷点下11度1分、東北でも青森市で氷点下6度7分、盛岡市で氷点下5度8分などとなっています。

      日中も気温が上がらず、北海道旭川市で氷点下12度、札幌市で氷点下11度、青森市で氷点下6度などと、ところによって平年を10度ほど下回る厳しい寒さになる見込みです。

      気象庁は、水道管の凍結や交通への影響、体調の管理に十分注意するよう呼びかけています。

      また、関東甲信では、上空の寒気や低気圧の影響で、あす土曜日は山沿いを中心に雪が降り、東京23区など平野部でも積もるおそれがあり、今後の情報に注意が必要です。

      偏西風の蛇行が影響

      気象庁によりますと、北海道付近に強い寒気が流れ込む要因として挙げられるのは日本の上空を西から東へと吹く「偏西風」の蛇行です。

      偏西風の北側には北極や大陸付近の寒気があります。

      8日は、この偏西風が北海道の南側に蛇行しているため、北極付近にあった強い寒気が流れ込んでいるということです。

      偏西風の蛇行による強い寒気の流入は、先月末には、アメリカ中西部の寒波をもたらしたとされています。

      【【最強寒波が日本上陸か!】北海道上空に観測史上最強レベルの寒気 厳しい寒さに十分注意 8日】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/08(金) 07:09:49.41 ID:nWpPUMZZ9
      https://r.nikkei.com/article/DGXMZO41027710X00C19A2QM8000

      IT転職 日本の給与、アジアに見劣り
      2019年2月7日 19:00

      日本の転職市場で、IT(情報技術)関連の人材を中心に中国などアジア諸国と比べ給与の割安感が強まっている。国際的な人材の獲得競争が激しい最高情報責任者(CIO)の中国の給与最高額は日本の7割高だ。優秀な人材の採用に向け、日本企業は賃金制度の見直しを迫られている。

      7日に英人材サービス大手ヘイズがアジアの主要な5つの国・地域の2018年転職時給与調査を発表した。データサイエンティストの最高額は中国が
      (リンク先に続きあり、要会員登録)

      【【IT転職】日本の給与、アジアに見劣り 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/08(金) 08:59:30.73 ID:A78u/2yb9
      インフルエンザなのに仕事を休ませてもらえない――。記録的な流行が広がるなか、こんな苦情が労働相談の窓口に寄せられている。人手不足などを背景に出勤を強要するケースのほか、有給休暇や子供の看護休暇を取らせない場合もある。専門家は「病気の際の出勤命令はパワーハラスメントで法律違反にもなる。休む権利を知って」と呼びかける。

      「インフルエンザでも出勤しろ、休んだ分は無給だと言われた。法律違反ではないか」。…

      2019/2/7 18:02日本経済新聞
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41026030X00C19A2CC1000/

      【【出勤命令】「インフルエンザでも出勤しろ」「休んだ分は無給」が横行 流行拡大、相談相次ぐ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/07(木) 07:05:35.04 ID:/r7L3F679
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190207/k10011806551000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

      “2島引き渡し 平和条約交渉急ぐ” 旧ソビエト機密文書
      2019年2月7日 4時43分北方領土

      日本とロシアの両首脳が平和条約交渉の基礎としている1956年の日ソ共同宣言をめぐって、当時のソビエト指導部は、アメリカとの対抗上、交渉の進展を急ぐ必要に迫られ、早い段階から、北方領土の歯舞群島と色丹島の2島の引き渡しを最大の譲歩案として交渉に臨む方針を固めていたことが、NHKが入手した文書で明らかになりました。2島の引き渡しで最終決着を図ろうとしてきたプーチン大統領の考え方の基礎になる資料として注目されます。

      続きはソースで

      【【北方領土】“2島引き渡し 平和条約交渉急ぐ” 旧ソビエト機密文書をNHKが入手 1956年の日ソ共同宣言 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      1: 最速ニュース+ 2019/02/06(水) 23:21:44.56 ID:Ns/mDMmb9
      回収ソーセージからアフリカ豚コレラ 関西国際空港


       農林水産省は6日、中国の吉林省から関西国際空港に到着した旅行客が
      持ち込もうとした豚肉ソーセージを回収し、検査したところ
      「アフリカ豚コレラ」の陽性反応が出たと発表した。
      アフリカ豚コレラは5府県への拡大を確認した豚コレラとは別の
      家畜伝染病で、致死率がさらに高いとされる。

       旅行者の持ち込みでアフリカ豚コレラの陽性反応が出たのは8例目。
      日本ではアフリカ豚コレラの感染事例は確認されていない。
      発生国の中国では春節(旧正月)連休を迎えて日本への旅行客が
      増えており、農水省は監視を強化している。


      日本経済新聞〔共同〕(2019/2/6 20:39)
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40987590W9A200C1CC1000/



      【【動物感染症】中国・吉林省から到着した旅行客から回収した豚肉ソーセージからアフリカ豚コレラ 関西国際空港 】の続きを読む